スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさい秋・・・

今朝の清々しさといったら・・・

心なしか、プールの水も冷たく感じ、一瞬入るのをためらってしまいます。


気温が下がってくると、味の濃いものが食べたくなりますな。
スーパーに行くと、豚バラ肉のブロックを売っていたので、「豚の角煮」を作りました。

20100914_01.jpg
箸で簡単に切れるくらい柔らかくなります



【豚バラ肉の角煮】
<材料> 豚バラ肉(ブロック)、生姜(1個)、長ネギ(1本)、砂糖、しょうゆ、みりん

<作り方>
①豚バラ肉を10センチ角くらいの大きさに切り分け、生姜、長ネギは適当な大きさ(ザク切り)に切る
②深めの鍋に豚バラ肉、生姜、長ネギを入れ、水を鍋の8~9分目くらいまで注ぎ入れる
③火をつけてトータル5~7時間ほど煮る(浮いてくるアクや脂肪をすくう)
④肉に箸や竹串などを刺してみて、抵抗なくスッと入ったら火を止めて、一晩寝かせる
⑤翌日、鍋の上に浮いている脂肪をきれいにすくって捨てる
⑥別の鍋(なければ生姜と長ネギを取り除く)にばら肉と煮出した汁を移し、砂糖・しょうゆ・みりんを入れてコトコトと煮ていく(煮汁が少なくなるまで)
⑦肉に十分味が染み込んだらできあがり


料理本やネットのレシピ紹介などには、はじめに豚バラ肉の表面をフライパンで焼きつけるというのがありますが、肉が硬くなってしまうので、私は適当な大きさに切ったら、そのまま水から煮てしまいます。
そうすると、箸でも簡単に切れるくらいトロトロに仕上がります。

和からしは当然のこと、カイワレ大根も一緒に添えると、ピリッとした味わいとみずみずしさが、こってりとした角煮のあとくちをサッパリとさせてくれます。


秋から冬は、食べ物のおいしい時期。
あぁ・・・、だけど私はダイエット中。冬のモツ鍋は封印・・・かな?


澤木先生も窓辺で何やら考え中・・・。
猫って、こういうとき一体何を考えているんですかな。

20100914_02.jpg

20100914_03.jpg
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

澤木ハハ

Author:澤木ハハ
■澤木にゃんこ先生
■2004年11月14日生まれ/アビシニアン/メス
■大好物:サイエンスダイエット(缶詰)と猫草と東京バナナ
■得意技:ご飯前の「おすわり」と、魔性の目ヂカラで人間を操ること

やすぴー(夫)の大学時代の恩師(陸上競技界の重鎮)に敬意を表して苗字を勝手にいただきました。澤木本人は結構馴染んでいる様子なので、失礼は承知で呼び捨てにさせてもらっています(汗)。

リンク
ランキングサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。