スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーニャカウダの夜

朝晩が少し肌寒くなってきたので、サラダよりも温野菜が食べたい・・・

というわけで、「バーニャカウダ」を作りました。

20100926_01.jpg

20100926_02.jpg

具だくさんの食べるスープ「ミネストローネ」も添えて。


バーニャカウダはイタリア語で「温かい(カウダ)」「ソース(バーニャ)」という意味だそうですが、文字通り温野菜に熱々ソースをつけて食べる料理です。

作り方は意外と簡単!

「バーニャカウダ」
<材料> アンチョビ(3~5枚)、ニンニク(3~5片)、牛乳(1.5~2カップ)、オリーブ油
<野菜> ジャガイモ、人参、ブロッコリー、ベビーコーン、セロリ

[作り方]
①小鍋にニンニクと牛乳を入れ、ニンニクが柔らかくなるまで茹でる(牛乳を煮立たせない)
②①のニンニクとアンチョビ、①で残った牛乳(大さじ3~4杯分くらい)をミキサーにかける
③小鍋にオリーブオイルを多めに入れ、②を入れて混ぜ合わせる
④専用のポットか、温めた器に入れて、塩茹でした温野菜をつけて食べる

*ミキサーがなければすり鉢や裏ごし器でも代用できます。

味はアンチョビの塩味だけなので、アンチョビの量に要注意。

今回は使わなかったカリフラワーやカブ、プチトマトもバーニャカウダにはぴったりの食材です!

まぁ、これを作りたくてハンドミキサーを購入したくらいだから、この冬はバーニャカウダ三昧としましょうかね・・・。
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

澤木ハハ

Author:澤木ハハ
■澤木にゃんこ先生
■2004年11月14日生まれ/アビシニアン/メス
■大好物:サイエンスダイエット(缶詰)と猫草と東京バナナ
■得意技:ご飯前の「おすわり」と、魔性の目ヂカラで人間を操ること

やすぴー(夫)の大学時代の恩師(陸上競技界の重鎮)に敬意を表して苗字を勝手にいただきました。澤木本人は結構馴染んでいる様子なので、失礼は承知で呼び捨てにさせてもらっています(汗)。

リンク
ランキングサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。